トップ / エコな暮らしをすること

太陽光や水を利用するエコ暮らし

エコ暮らしをすることは、自然と調和することです。太陽光を使って発電をしたり、地熱を利用して発電することは理にかなっています。全国どこにでもある農業用水路の水の流れを利用して、発電をする取り組みも行われています。太陽光や雨水は自然が見返りを求めることなく人間に与えてくれるものですから、利用しなければもったいないものです。エコ暮らしをする住居は、太陽の光を最大限に取り入れる窓の配置をして、屋根には太陽光パネルを設置することが理想です。余った電気は、電力会社に買い取ってもらうことができます。

エコなライフスタイル

エコと言われる暮らし方の具体的な方法としては、夏場はエアコンの設定温度を28℃にして、消費電力を減らすことや室外機が陰になるようによしずをすると消費電力が少なく済みます。グリーンカーテンをすると室内温度が下がるので省エネ効果があります。水の使い方でエコを取り入れるには、お風呂の残り湯を洗濯物に利用したり、15分以内のシャワーなら湯船にお湯を張るより水を使用しないので節水できます。このように気軽に家庭でも省エネを取り入れることができます。

© Copyright 住まいの安全を確認する. All rights reserved.